ヒアルロン酸が女性ホルモンを活発にする効果があるって本当?

ヒアルロン酸の効果って!?

女性ホルモン,食事,食べ物,ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、化粧品などの美肌成分として広く普及しています。

 

水分をたっぷり包み込むことができるヒアルロン酸は、肌の角質層に存在し、エラスチンやコラーゲンと共に肌のハリを作っています。

 

ヒアルロン酸がもたらす効果は、美肌だけではなく、関節痛や更年期障害、生理痛にも有効です。

 

ヒアルロン酸が関節痛対策にいいことは、テレビCMなどでご存知でしょう。

 

骨と骨との間にある関節液に、ヒアルロン酸が入っており、ヒアルロン酸が減少してしまうと関節液が少なくなり、骨同士がぶつかって痛みを感じるようになります。

 


意外な効果も

 

卵巣の働きをサポートする性質もあり、生理痛を改善してくれます。女性ホルモンの分泌にも影響を与えます。

 

中でも女性の月経サイクルを整えたり女性ホルモンに働きかけて更年期障害を緩和する働きがあることも知られています。
ヒアルロン酸は卵巣の働きを助けて生理痛を和らげてくれ、また更年期特有のイライラや発汗を女性ホルモンのバランスを整えることで緩和するのです。

 

ヒアルロン酸注入をおこなう際は実績豊富なクリニックで受けるなどリスク管理をすることも大事ですが、体に副作用がなくこのような高い健康促進効果がある療法ですので、多くの方に選ばれています。

 

注入されたヒアルロン酸は体に吸収されていきますので若々しい素肌だけではなく、さまざまな健康促進への働きも期待できます。

ヒアルロン酸はサプリメントで手軽に摂取出来るの!?

 

ここまでヒアルロン酸についてお話してきましたが、一番大切なのは、ヒアルロン酸が配合された飲むサプリメントは、果たして本当に栄養素を体の中から補うことで効果が期待できるのでしょうか?

 

もともと分子が大きいヒアルロン酸は腸で吸収されない、という説もあるのですが、経口摂取を続けたことによって、皮膚の水分量増加および膝関節痛改善効果があったという報告もありますので、一定の効果は期待できると言えるでしょう。