妊娠中は気を付けたい妊娠線の予防とホルモンの関係

妊娠線って?原因は?

女性ホルモン,食事,食べ物,妊娠線

 

妊娠中にだんだん大きくなってくるお腹と同時に気になってくるのが妊娠線ではないでしょうか。

 

妊娠線は妊婦さんのうち、およそ半数程度に現われてくるという報告結果もあり、個人差はありますが、お腹が大きくなりはじめる妊娠5ヶ月頃からできることが多いようです。

 

しかし最近は保湿による専用クリーム等による予防や対策がとれるので、しっかりとしたケアが妊娠線を予防しましょう!

 

妊娠線の原因は2つ!

 

  • 皮膚の急激な伸び。

 

妊娠中は体重も増加し、ヒップやバスト、そしてお腹も大きくなります。

 

皮膚の表面は一緒に伸びることができますが、その下にある真皮や皮下組織の一部であるコラーゲン、弾性線維は急激な伸びについていけないので、コラーゲンや弾性線維に断裂が起こり、赤紫色の線状斑が現われるのです。

 

  • もうひとつの原因はステロイドホルモンの影響です。

 

妊娠中はコルチコステロイドというホルモンの分泌が増加しますが、このホルモンには肌の弾力を失わせる働きがあります。

 

また、女性ホルモンの一種で「エストロゲン」と呼ばれるホルモンが増加し、皮膚の細胞に影響を与えて皮膚を薄く固い状態にしてしまいます。

 

皮膚は通常、ターンオーバーという新陳代謝を通して日々生まれ変わっていまが、このホルモンが活性化する影響で、ターンオーバーの働きが抑制され、コラーゲンの生成も抑えられてしまうのです。

 

ターンオーバーが抑制された肌は次第に弾力を失い、肌そのものが弱くなってしまうため、妊娠中はいつも以上に皮膚組織の断裂が起こりやすくなってしまっているのです。

 

妊娠線ができるとかゆみが伴いますが、ホルモンのバランスの変化が原因の妊娠線の場合は余計にかゆくなるようです。

 

かゆいと無意識のうちにボリボリと掻いてしまう方も多いと思いますが、それは止めておきましょう。

 

掻くことで皮膚を傷つけてしまうので危険です。

 

皮膚表面を傷つけないように痒みの元である皮下組織にまでしっかりと浸透する妊娠線の保湿クリームを使うことでしっとりとした肌になり、痒みやそれらの原因がもとになっておこる妊娠線の予防に繋がりますので

 

出来たら消えない妊娠線を作りたくなかったらしっかりと予防しましょう!

 


関連ページ

妊娠中に分泌されるプロゲステロンというホルモンって?
肌にハリを与え気持ちを安定させ、いつまでもキレイで心身ともに若々しさを保っていく秘訣は女性ホルモンにあり! 管理栄養士がプロの視点で特に重要な身体を作る食事のポイントを解説!キレイを創る食習慣や生活習慣の改善に取り組みましょう!
妊娠中の気を付けたい女性ホルモンと飲み物の関係性
肌にハリを与え気持ちを安定させ、いつまでもキレイで心身ともに若々しさを保っていく秘訣は女性ホルモンにあり! 管理栄養士がプロの視点で特に重要な身体を作る食事のポイントを解説!キレイを創る食習慣や生活習慣の改善に取り組みましょう!
妊活中は女性ホルモンと食事の栄養バランスはとても重要
肌にハリを与え気持ちを安定させ、いつまでもキレイで心身ともに若々しさを保っていく秘訣は女性ホルモンにあり! 管理栄養士がプロの視点で特に重要な身体を作る食事のポイントを解説!キレイを創る食習慣や生活習慣の改善に取り組みましょう!
妊娠中のノンカフェイン講座
肌にハリを与え気持ちを安定させ、いつまでもキレイで心身ともに若々しさを保っていく秘訣は女性ホルモンにあり! 管理栄養士がプロの視点で特に重要な身体を作る食事のポイントを解説!キレイを創る食習慣や生活習慣の改善に取り組みましょう!
女性ホルモンの変化でとても辛いつわりの克服方法
肌にハリを与え気持ちを安定させ、いつまでもキレイで心身ともに若々しさを保っていく秘訣は女性ホルモンにあり! 管理栄養士がプロの視点で特に重要な身体を作る食事のポイントを解説!キレイを創る食習慣や生活習慣の改善に取り組みましょう!