妊娠・妊活中の女性ホルモンと食事

妊娠・妊活中の女性ホルモンと食事

 

女性ホルモン,食事,食べ物

ほとんどの方が体験する妊娠初期に起こる辛い「つわり」

 

原因がはっきりと究明されているわけではないのですが、

 

「妊娠による急激な女性ホルモンの変化」に、

 

妊婦さんの身体が対応できていないために起こるのでは!? と考えられています。

 

つわりのピークの妊娠10週前後はhcg(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが胎盤から大量に分泌される時期であるために、hcgが関連しているのは間違いないと言われています。

 

これからもわかるように妊娠中の女性の身体には様々な女性ホルモンが関与しているといえます。

 

また妊娠中だけではなく、妊活中の女性にも生体機能そのものの乱れが厳禁!

 

女性ホルモンの分泌や栄養バランスが悪化しないように工夫が必要です。

 


 

妊娠・妊活中の女性ホルモンと食事記事一覧

妊娠をすると、黄体ホルモンであるプロゲステロンというものの分泌が増加します。この作用は赤ちゃんが成長しやすいように子宮内の状態を整えて胎盤を完成させるためであり、流産の危険性を未然に防ぐ効果があります。このようにプロゲステロンは妊娠初期には非常に重要な役割を果たします。しかし、プロゲステロンの負の側面もでてくるので注意しないといけません。例えば、妊娠中はイライラや憂鬱といった感情的な起伏が激しくな...

妊娠中に聞いたことあると方も多いと思いますが、一部で「カフェインの取り過ぎは赤ちゃんに悪影響がある」という報告があり、女性ホルモンが乱れがちな妊婦さんの神経を刺激させる働きもあります。なので、できるだけ妊娠中は意識してノンカフェインのものを選びましょう。アルコールの場合、妊娠初期は胎児の器官形成、中期・後期には赤ちゃんの知能や発達に影響する心配があるものです。だから、妊娠中は絶対禁酒を心がけましょ...

妊娠しやすい体質にするためには女性ホルモンの分泌と栄養のバランスが必須条件!ビタミンやミネラルなどの栄養素は、私たちが健康かつ活発に生活して暮らしていくためには不可欠です。そのため栄養素が不足すると「疲れやすい」「カゼをひきやすい」「なかなか眠れない」「イライラしやすい」などの不快症状を引き起こす原因になってしまうのです。それだけではなく、生体機能そのものの乱れも生じてホルモンの分泌やバランスを悪...

ノンカフェインのお茶として代表的なのは麦茶ですね。麦茶は胃の粘膜を保護し、血液をサラサラにする効果があるので、つわりの時期もおススメです。また豆や穀物などの茶葉を使用していないノンカフェインのものもたくさんあります。試してみて、自分に合った好きな味を見つけましょう! 主なノンカフェイン飲料麦茶、コーン茶、そば茶、ルイボスティー、オリーブ茶、杜仲茶、ハーブティーリラックス効果もあるハーブティーは特に...

妊娠の喜びとともに訪れる辛いつわり...入院が必要なほどヒドイ人もいれば、ほとんど何の変化もない人もいます。辛い時期も必ず終わりが来ますから、自分に合う方法で乗り切りましょう。つわりの特徴と克服の方法は?この時期の赤ちゃんへの栄養は心配しなくていいので、母体の健康と調子が優先で! とにかく辛い時期を楽に乗り切ることを考えましょう!1、なぜつわりになるかは十分解明されていない。2、一般的には4週〜1...

妊娠中にだんだん大きくなってくるお腹と同時に気になってくるのが妊娠線ではないでしょうか。妊娠線は妊婦さんのうち、およそ半数程度に現われてくるという報告結果もあり、個人差はありますが、お腹が大きくなりはじめる妊娠5ヶ月頃からできることが多いようです。しかし最近は保湿による専用クリーム等による予防や対策がとれるので、しっかりとしたケアが妊娠線を予防しましょう!妊娠線の原因は2つ!皮膚の急激な伸び。妊娠...