女性ホルモンを分泌させる食と生活習慣

女性ホルモンを分泌させる食と生活習慣を見直す!

 

女性ホルモンは、妊娠・出産準備や身体を丈夫にする大切な働きや、繊細な女性の肌や髪の毛を美しくしたり、より女性らしい体型にするなどの効果があるのはご存知ですよね!

 

女性ホルモン分泌量は、卵巣機能や体型、髪の美しさなど、より女性としての美しさの総量ともいえるでしょう。

 

しかし、赤ちゃんや子供の頃に水分をたっぷり含み、弾力のあるぷるぷるだった肌は、10代後半頃にピークを迎え、少しずつ老化していき、35〜45歳の頃になるとグンと老化が進むといわれています。

 

皮脂の分泌は、思春期から20歳ころにかけて高まってから少しずつ減少していきますが、同時に角質層の水分も減少します。

 

また、皮ふの弾力を保つ真皮のコラーゲンも減少して、シワやタルミが出始めるのが40代頃。

 

この頃になると、若い頃には4週間程度で生まれ変わっていた肌の細胞も、ターンオーバーに6週間くらいかかるようになり、シミができやすくなります。

 

そして、女性ホルモンの分泌がなくなってしまう閉経後は、顔だけでなく体全体に潤いがなくなり、乾燥してかゆくなったりすることもあります。

 

これらからわかるように、女性のカラダには女性ホルモンを分泌させていくプロセスがとても大事なのです。

 

 

今は美のテクノロジー、様々な謎の解剖や研究も格段に進み40〜60代でも見た目も身体の中身も不摂生な生活習慣が身についている20代の女性よりも美しく、健康的であるという結果も発表されています。

 

 

女性ならいつまでも、若々しく健康で美しく、活発な姿でいたいと思うのは当然ですよね!
 

 

それには常識的な食に関するインナービューティーの知識を身に着け、表面だけではなく身体の内から美しくしていく習慣を持てば大丈夫ですよ!

 

女性ホルモンを分泌させる食と生活習慣記事一覧

体調や女性ホルモンのバランスを整えるために、まずは現状の食事のとり方を再確認しましょう。一般的に改善しやすい習慣から一つずつ変えていくことがいいでしょう。一気に全部が全部やってしまうと、必ず無理が来るのであまりおススメできません。あと、考えすぎて行動できないのでは意味がないので、まずは自分でできると思ったところから始めましょう。多くの食品をバランスよく彩りをよくすることを心がけると食品も種類豊富に...

補腎食品は、いわゆる「精がつく」食品の事。バランスよく取って、元気と若さを保ちましょう。タンパク質○肉(羊、牛、鶏、豚、鹿)○スッポン○ウナギ○ドジョウ○アワビ○ナマコ○エビ○イカ羊や鶏、鹿肉、ドジョウ、エビには身体を温める効果もあり。野菜○キャベツ○山芋○キクラゲ○セロリ○シイタケ○ニラ○そら豆山芋の様に粘々したものは腎を補う効果が高いのでしっかりと摂取しましょう!果実・穀物類○黒豆○銀杏○ゴマ...

朝食を食べて身体を目覚めさせ、3回の食事を規則正しく食べることがまず基本として大切です。そのような習慣作りが出来ていれば、すぐに実践できますし、出来ていないあなたは朝食からしっかりと食べる習慣をつけていくことが大切です。冷たいものは避け温かいものを食べる冷たい飲み物や、デザートは控えめにするのがポイント。食事には具材がたっぷりスープや鍋料理などを加えるのがおすすめで、身体が温まり、栄養のバランスも...

大豆製品だけに偏るだけではなく、ほかの食品もバランスよくとることで、大豆イソフラボンの効果がアップします。大豆イソフラボンってなに?豆腐や豆乳などの大豆に多く含まれている分子の形状が女子ホルモンに似たエストロゲンの働きをする栄養素で、男性でも薄毛に効果があることで知られており、ホルモンバランスを調節する働きがあると言われています。大豆イソフラボンを主に含む食品煮豆、豆腐、きな粉、豆乳、おから、高野...

ビタミンDを多く含む食品魚は脂がのったものの方がビタミンDの吸収がよく、キノコ類は日光に当て乾燥させるとビタミンDが増加します。○鮭○サンマ○イワシ○サバ○キクラゲ、干しシイタケなどの茸類カルシウムを多く含む食品塩を多く摂取すると、その分多くのカルシウムが尿によって体外に、塩分を控えめにすることも大切。○牛乳・チーズなどの乳製品○豆腐、納豆などの大豆製品○小エビ○小魚○ワカメ、ひじきなどの海藻○緑...

あくまで食事だけではなく、生活に運動を取り入れる事も忘れずに。良い姿勢をキープしたり、腹式呼吸をすることも肥満の防止につながります。これらの良い習慣を身に着けることで、長期に渡り健康的で生産性の高い、質の良い生活リズムを構築し、肥満を未然に防げくことを目的としましょう。まずは一つずつ出来ることから習慣化することにチャレンジしていきましょう!よく噛んでゆっくり食べる早食いでは満腹感を感じるまでにたく...

厚生労働省では、1日平均で純アルコール量20g程度を節度ある適度なアルコール飲酒としています。それはそれぞれの酒類にすると、おおよそが下記ののような量。ただし、これは男性の場合で、女性の場合は1/2〜2/3程度が適量と考えているので注意が必要です。アルコールの一日の適正摂取量ワインなら200ml(グラス1.5杯〜2杯程度) 酎ハイなら350mlの缶が1本程度 ビールなら中ビン、あるいはロング缶1本...

大豆に含まれる大豆イソフラボンという成分は、体内で女性ホルモン・エストロゲンのように働くため、とくに更年期以降の女性は大豆を積極的に摂取するとよいというのは承知の事実。女性ホルモンを増幅する大豆イソフラボンとは!?ところが、昨今注目を浴びている腸内フローラの研究が進んだ今、大豆イソフラボンをエストラゲンのように働かせるのはある種の腸内細菌の力によることが分かったのです。およそ15種類もの腸内細菌が...

ときめきは女性ホルモンの分泌が少ないと感じにくくなるのです。女性ホルモンを出す卵巣の働きを良くするために、骨盤のゆがみを整えましょう。あおむけに寝て、足踏みする簡単なエクササイズのみ!また骨盤底筋が硬く縮んでいるとヒップが下がりやすくなるので、このエクサで骨盤底筋をストレッチするとヒップアップにも効果的です。骨盤を整えて女性ホルモンがドバドバ分泌簡単エクササイズ両腕を上げて、仰向けになり、かかとを...

あなたの平均睡眠時間はどれくらいですか?女性ホルモンを活性化させ、美容にも健康にももちろんですが、何より関係してくるのがダイエットにも睡眠時間がとても大切で効果的ということです。ある調査ではなんと、睡眠時間が短い人は肥満率が大きくアップしてしまうのです!平均睡眠時間が7時間の人に比べると、5時間の人は52%も肥満率が高く、4時間では、73%も高くなるというデータが、米コロンビア大学の論文で発表され...

女性ホルモンと加齢臭の関係とは!?加齢臭が起こる原因となるのはノネナールという悪臭を放つ成分が増えることです。この成分は男女問わず発生し、体臭の根本的な原因となります。ノネナールは皮脂腺から分泌されたパルミトオレイン酸という脂肪酸が肌の上で酸化したり、表皮のバクテリアにより発酵することで発生する臭い物質で、特に襟元に溜まりやすい性質があります。ノネナールは不規則な生活習慣や偏食、高血圧などが原因で...